馬嶋医院からのお知らせ

トップページ > 馬嶋医院からのお知らせ

 まじまじ通信は、2020年10月で終了しましたが、お伝えしたい情報がある時に、「馬嶋医院からのお知らせ」を発行することにしました。不定期な発行となりますが、今後ともよろしくお願い致します。

引き続き新型コロナウイルス感染症の流行、小児の発熱疾患の流行

 発熱等診療を並行して行うwithコロナの診療を目指していましたが、7月初めからの新型コロナウイルス感染症第7波、ヒトメタニューモウイルス感染症、RSウイルス感染症、アデノウイルス感染症、手足口病など小児の発熱疾患の流行で、8月は発熱等診療を優先せざるを得なくなり、診療時間の変更や処方のみの対応をお願いすることになってしまいました。ご協力いただき御礼申し上げます。ご迷惑をおかけしましたが、一日も早く通常の診療体制に戻れるよう努めたいと思います。

新型コロナウイルス感染症に罹った場合や疑われる時の受診に関して

 第7波のピークが過ぎてしまいましたが、新型コロナウイルス感染症に罹患した場合の受診の仕方、療養に関してお伝えします。咽頭痛や発熱などの症状が出現し感染が疑われる場合は、ネットでの予約または電話で受診の予約をお願いします。受診前に看護師から症状等の確認の電話をさせていただき、発熱診療の時間帯に診療を行います。症状等から抗原定性検査またはPCR検査を実施、診断を行います。
 陽性が確定した場合は、発症日翌日から10日間の療養が必要となります。対症療法として、鎮咳去痰剤・解熱剤等をお出ししています。60歳以上の方、重症化リスクのある方には、特例承認されたモルヌピラビルの投与や中和抗体の治療をお勧めしています。
 重症化リスクの高い方の自宅療養に対して、神奈川県は看護師による症状の確認や療養中のアドバイスなど療養支援を行っています。入院や薬が必要な方へは私も参加していますが、厚木医師会が対応を行っています。
 療養中に体調が悪化した時は神奈川県コロナ119番への相談をお願い致します。療養中に心配なことがありましたら、電話でお問い合わせ下さい。
 小児の感染も増えています。2日程度の発熱で済むケースが多いようですが、時には脱水で入院するケースもあります。こまめな水分摂取をお願い致します。
 基礎疾患を有する人・高齢者・肥満が重症化しやすいと言われています。重症化するリスクのある方で、感染が疑われる方は早めの受診をお勧めします。

特定健診・長寿健診、がん検診を行っています

 予約制で行っていますので、健診の受診を希望される方は、電話もしくは窓口へお申し出ください。

収穫の秋、味覚の秋

 日本の秋は美味しい食材が沢山。
さんまは塩焼き。栗は栗おこわ。イチジクはジャム。生の唐辛子はペペロンチーノ。
シソは鶏しそつくね。シソの実は佃煮に。楽しい季節の到来です。

 

(馬嶋)

Copyright (C) 2014 馬嶋医院. All Rights Reserved.