まじまじ通信

トップページ > まじまじ通信2020/9月号

2010年9月から、最近の医療情報や病気の事、子育ての事、連携している児童発達支援施設「厚木なのはな」からの情報などを掲載した院内誌を発行しています。

2020年9月号(No.119)

医の歳時記 9月
~新型コロナウイルス検査について~

8月初め頃から厚木市での発生報告が増え、中旬に市内小学校と市内の病院で新型コロナウイルス感染症クラスター発生の報道があり、心配されている方が多いのではないでしょうか。
今回は新型コロナウイルス検査についてお伝えします。

<新型コロナウイルス検査の現状>
3月、4月は、新型コロナウイルス感染症が強く疑われる人に限られ、保健所へ相談し、帰国者接触者外来等限られた施設での検査でした。5月初めから、医師会での集合検査場が開設され、かかりつけ医からの紹介で医師会の検査場や、発熱外来を行う病院でのPCR検査ができるようになりました。その後、唾液での検査が認められ、7月下旬からは受託する医療機関でのPCR検査も可能となっています。他に抗原検査も可能となり、3月、4月に比べれば、検査を受けやすい状況になっています。

<検査の種類と特徴>
検査は100%ではありません。各検査の特徴を理解することが大切だと思います。

★PCR検査:今感染しているかを確認するために行います。ウイルスの遺伝子を装置で増やして検出します。粘液や唾液に、ウイルスの遺伝子がごくわずかでも含まれていれば検出できますが、陰性が確認された後に再検査で陽性となることもあります。感染者を正しく陽性と判定するのは約7割と言われています。少ないウイルス量でも検出されるため、海外渡航時など無症状者に対するスクリーニング目的で検査が行われます。

★抗原検査:今感染しているかを確認するために行います。ウイルスに特有のタンパク質を検出します。精度はPCR検査より劣りますが、短時間で検査ができます。ウイルス量が少ない場合には検出できない事が多く、無症状者をスクリーニング目的で実施する事は推奨されていません。

★抗体検査:過去に感染したかを確認するために行います。精度はメーカーによってばらつきがあると言われていますが、感染から10日以降で検出する事ができます。

◎陰性になった場合
唾液やぬぐい液に遺伝子検査で検出できる量の新型コロナウイルスが含まれていなかった事を意味します。
陰性=新型コロナウイルス感染症に感染していないわけではありません。

<検査に対する考え方>
新型コロナウイルスの感染が疑われた場合は、積極的に検査を受けるべきだと思います。しかし、咽頭痛や発熱は、感冒様症状で、比較的誰にでも起こりうる症状で、そこが新型コロナウイルス感染症の難しさの一つだと思います。心配しすぎてもいけないし、過信してもいけない。本当に厄介なウイルスだと思います。分からない事がありましたら、遠慮なくお尋ねください。

(馬嶋)

新型コロナウイルス 主な検査の特徴

(参考・引用文献)
★Gem Medサイト『無症状者への新型コロナ検査「検査法選択」や「結果の解釈」に留意を-感染症学会』 2020.8.6
★東京大学保健センターサイト『まとめ 新型コロナウイルス感染症とは(2020.7.17.改訂)新型コロナウイルス感染症について Ⅱ-(3)検査』2020.7.17
★読売新聞「基礎からわかる新型コロナ検査」2020.6.21紙面
★東京新聞 TOKYO Web ライフ「健康」サイト「新型コロナの検査法 精度や特徴を知ろう」2020.7.14

厚木なのはなより 茶話会のお知らせ 

まもなく開催する茶話会のご案内です。
皆さまのご参加をお待ちしております。

【日時】2020年9月10日(木)10:00~11:30
【場所】なのはな(下荻野)
【参加費】無料(今回はお茶菓子のご用意は控えさせていただきます)
【定員】5名※託児はありません。
【申込み】お申込みの際は、①から③をお知らせください。
①お名前
②お子さんの年齢(学年)
③ご連絡先
お申込み締め切り:9/7(月)
【申込先】特定非営利活動法人厚木なのはな
☎︎046-404-0663(なのはな)
☎︎046-404-2237(なのはな栄町)
メール:atsugi_nanohana@yahoo.co.jp

※新型コロナウイルスの流行状況によっては中止となる事があります。
※ご参加の際は、マスクの着用をお願い致します。
※お飲み物は各自でご持参下さい。

(厚木なのはな 宇佐美)

Yori道 ~秋の空~

高く澄み渡った秋の空。空が一番美しい季節だと思います。秋空の下での運動会、子どもと一緒に食べた運動会のお弁当、稲刈り、友人に会いに出掛けた群馬の田園風景。その時の情景に空の青さが重なります。

(馬嶋)



編集後記

梅雨明けが遅かった今年、梅雨明け後じきに立秋を迎えてからも猛烈な暑さが続いています。皆さまお元気でお過ごしでしょうか。私は日々の暑さに少々バテ気味でしたが、先日花屋さんで桔梗と吾亦紅の花を見つけ、秋の気配を感じて買い求めました。夜には、秋の虫の声も聞こえます。今月号のYori道には馬嶋先生撮影の秋空の写真を載せています。「天高く馬肥ゆる秋」。もうじきさわやかな秋の空を見られるようになりますね。(杉)

Copyright (C) 2014 馬嶋医院. All Rights Reserved.