まじまじ通信

トップページ > まじまじ通信2020/10月号

2010年9月から、最近の医療情報や病気の事、子育ての事、連携している児童発達支援施設「厚木なのはな」からの情報などを掲載した院内誌を発行しています。

2020年10月号(No.120)

~今回で、まじまじ通信を終了する事にしました~

今月号でまじまじ通信は10年目を迎え、Vol.120となりました。新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、医師会の仕事の比重が大きくなり、年をとった事もあり、毎月原稿を書き続けるパワーがなくなってきました。スタッフからは、季刊号での発行等の意見もありましたが、10年・120号を機に、思い切って今月号をもって終了とさせていただきます。

まじまじ通信を始めたきっかけは、スタッフ皆で参加した学会で院内誌発行に関してのセクションがあり、院内誌に興味を持った事です。馬嶋医院の事、子育ての事、病気の事等知っていただきたいとの思いから始めました。

待合室で毎回読んで下さっている方々、感想を診察室で伝えて下さる方、私の拙い料理を「作ってみようかしら」と言って下さった方など多くの方に支えられてここまで来る事ができました。皆様に御礼申し上げます。

絵本の店「トロッコ」の幸田さんには、第1号から昨年3月の101号まで毎回絵本の紹介をしていただき、厚木なのはなの宇佐美さんには2012年6月の20号から「厚木なのはなの便り」を寄せていただきました。その他にも看護師や公認心理師の福島先生、保健師の杉田さん、栄養士の浦本さん、2012年1月に閉鎖した子育て応援広場「ぴーかーぶー」のスタッフやボランティアの皆さんにも書いていただきました。

最近は、「Yori道」と題した季節の話題等を載せるようになり、今年は2月からコロナ情報ばかりになってしまいました。10年の時の流れを感じています。

これまで執筆して下さった皆様、そして「Yori道」の名づけ親で校正を担当してくれた看護師の水沼さん、編集後記の杉さんこと杉山さんに感謝申し上げます。

今後馬嶋医院からのお知らせは院内掲示、ホームページ等で発信します。

(馬嶋)

ロタウイルスワクチンが、10月1日から定期接種となりました

2020年8月1日出生以降のお子さんのロタウイルスワクチンが定期接種となり、10月1日から接種可能となります。

<ロタウイルス感染症>
多くの子どもがかかる嘔吐・下痢を起こすロタウイルス胃腸炎や脳症や痙攣等の重い合併症を引き起こします。ロタウイルス胃腸炎は、嘔吐下痢が頻回で脱水症状となり入院する事も多い病気です。

<接種時期と回数>
生後6週から接種できます。腸重積症が起りにくい低年齢での接種と決められていて、初回接種は生後6週目から生後3ヶ月半過ぎ(生後14週6日)までに接種をしましょう。当院では、交差免疫によってほかの種類のロタウイルスにも有効であることがわかっており、一番流行して重症化しやすい1種類(1価ワクチン:2回接種)のロタウイルスを弱毒化したワクチンを主に使っていますが、5価ワクチン(3回接種)を希望の方は予めお申し出下さい。

接種できる期間がとても短いので、お子さんが生まれたらできるだけ早めにご相談下さい。インフルエンザワクチンの接種時期と重なるため、しばらくの間、ロタワクチン単独の投与とさせていただきます。

(馬嶋)

(参考・引用文献)
◎KNOW★VPD! 「VPDを知って、子どもを守ろう。」サイトより

インフルエンザワクチンの予防接種が10月15日から始まります

10月1日から予約を開始し、厚木市・愛川町・清川村のインフルエンザ予防接種公費助成が始まる10月15日から当院でも接種を始めます。

今年は、新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行に備えるためにも多くの方の接種が勧められています。特に、インフルエンザに罹患した場合重症化しやすい高齢者や基礎疾患がある方が一人でも多く接種し、重症化を防ぎ、医療のひっ迫を避ける事が不可欠と言われています。

政府は、昨年より多い6300万人分のインフルエンザワクチンを用意するとしていますが、生産量は昨年に比べ110%程度と予想されていて、場合によってはワクチンが不足するかもしれないと心配しています。

ワクチン不足が予想されるため、当院ではしばらくの間、接種を強く勧められている65歳以上の高齢者、60歳から65歳未満の慢性高度心・腎・呼吸器不全等のある方以外の方は、通院歴のある方・今までにカルテを作った事がある方に限らせていただきます。

(馬嶋)

厚木なのはなより 茶話会のお知らせ 

11月に開催する茶話会のご案内です。
皆さまのご参加をお待ちしております。

【日時】2020年11月25日(水) 10:00~11:30
【場所】なのはな栄町
【参加費】無料(お茶菓子のご用意は控えさせていただきます)
【定員】5名※託児はありません。
【申込み】お申込みの際は、①から③をお知らせください。
①お名前
②お子さんの年齢(学年)
③ご連絡先
お申込み締め切り:11/19(木)
【申込先】特定非営利活動法人厚木なのはな
☎︎046-404-0663(なのはな)
☎︎046-404-2237(なのはな栄町)
メール:atsugi_nanohana@yahoo.co.jp

※新型コロナウイルスの流行状況によっては中止となる事があります。
※ご参加の際は、マスクの着用をお願い致します。
※お飲み物は各自でご持参下さい。

(厚木なのはな 宇佐美)

Yori道 ~10月の食卓~

間引き菜好きです。小さいけれど、野菜の味が詰まっています。農協で見つけては、買ってしまいます。
大根の間引き菜は、みそ汁か炒めものに。小さな大根がかわいらしいです。
白菜の間引き菜は油揚げで鍋に。白菜が柔らかくてやさしい鍋になりました。

(馬嶋)



編集後記

2010年11月に開始したまじまじ通信は、10年間で120回発行し、今回で終了します。先生が「10年の時の流れを感じる」と書かれましたが、当時産まれた赤ちゃんが小学4年生に成長された年月と考えると、感慨深いです。ひとえに、様々な情報を皆さまにお届けしたい、という馬嶋先生の熱心な気持ちがあったからこそ続いた10年だったと思います。最後になりましたが、これまでお読み下さった皆さま、文章をお寄せ下さった皆さま、編集作業に専念させてくれたスタッフ、そして毎号の編集にアドバイスを下さった看護師の水沼さんに深く感謝致します。どうもありがとうございました。(杉)

Copyright (C) 2014 馬嶋医院. All Rights Reserved.