トップページ > まじまじ通信2018/12月号

2010年9月から、最近の医療情報や病気の事、子育ての事、連携している児童発達支援施設「厚木なのはな」からの情報、「絵本の店 トロッコ」幸田さんからの絵本のお知らせなどを掲載した院内誌を発行しています。今月分はこちらから。

2018年12月号

2018年を振り返って

早いもので今年もあと一ヶ月となりました。今年も医師会の仕事があって慌ただしい年となり、皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

馬嶋医院は変わらない体制で1年を過ごすことが出来ました。変更となったことは、8月に予約システムを変更したこと、厚木市が骨粗鬆症検診を始めたのに伴い骨密度検査が出来るようになったことです。

予約システムの変更により、インターネットや携帯からの予約だけで、電話予約システム(046-242−5811)からの予約は、やめることにしました。予約開始時間は前日夜8時から、当日朝の6時へ変更しました。変更前からお知らせをしていたのですが、皆様に伝えきれず、予約システム変更当初は、ご迷惑をおかけしてしまいました。”待ち時間が少しでも分かるように”、また、”院内からのお知らせを表示できるように”、と待合室に診療時間のモニターを設置しました。原則、予約制で診療を行っていますが、インターネットで予約が取れなかった方には電話での予約も、以前と同じように行っています。診療内容によって、また、予約の方が多い場合には待ち時間が長くなっています。今回の予約システムの変更で、お子さんの予防接種スケジュール管理がスムーズに出来るようになりました。接種間隔や時期を考え、スケジュールをお示ししていましたが、コンピューターで示されるようになり、スムーズになりました。初めの履歴入力が少し大変なようですが、ご協力よろしくお願いします。

厚木市の骨粗鬆症検診は40歳から5歳毎で、70歳までの方が対象です。骨粗鬆症が疑われる方には検査をお勧めしています。今は人生100年の時代となりました。健康寿命という言葉がありますが、健康上の問題がない状態で、日常生活を送る事ができるのはとても大切な事です。骨粗鬆症は静かな病気と言われるように、深く静かに進行していきます。症状が現れる前に、腰痛や骨折などに至る前に、ご自身の骨の状態を是非確認していただきたいと思います。

小児の相談外来では、多くのお子さんの診察を行っています。診療を受けるお子さんは、一人一人苦手なことや悩みを持っています。お子さんの気持ちを理解し、お子さんの特徴に合わせたアドバイスを心がけています。お子さんの診療を通じて感じることは、お子さんの特徴を理解し、信じ、成長を見守ることだと思います。今は、小さな年齢から保育園・幼稚園に通うお子さんが多くなりました。早く集団生活を始める中で、社会の約束を守らなければならない、大人と同じようにしなければならないことが多くなっているように感じます。じっとしているのが苦手でも、元気で気持ちが優しいお子さんもいます。つい短所ばかりに目が向きがちですが、お子さんの長所を見つけ、信じ、お子さんの成長を見守る社会となることを願っています。

医師会の仕事で一番嬉しかったのは、11月10日に開催された厚木医師会市民医療フェスティバルに多くの市民の方が参加して下さったことです。何人か馬嶋医院の患者さんも来て下さいました。皆さん熱心に聞いて下さり、医師会の使命の一つである市民の方への健康に関する啓蒙活動ができたと感じました。

個人的には、忙しくて時間が取れなくなり、十数年続けていたフラをやめました。今は友人に勧められたジムに細々通い、筋トレに励んでいます。週1回自分の体と向き合う事ができ、大切な時間となりました。

今年も農協通いを続け野菜を沢山食べています。
先日はむかご飯にチャレンジ。むかごの、ほんのりとした苦みとホクッとした感じが美味しかったです。
家族や友人にも好評でした。

一年間ありがとうございました。良いお年をお迎え下さい。

(馬嶋)

Yori道:正月の支度

皆様は正月の支度はいかがされていますか?おせちは手作りでしょうか?
最近は、お気に入りの中華おせちを注文し、かまぼこ・ごまめ・黒豆・伊達巻き等を買い求め、少しだけ煮物を作っています。

煮物は母が正月によく作っていた筑前煮・ねじりこんにゃく(手綱こんにゃく)、そして祖母が作ってくれた焼き豆腐の煮物。筑前煮は鶏肉・人参・干し椎茸・こんにゃく・筍を入れます。ねじりこんにゃく好きです。どうして、真ん中を切ってひっくり返すだけなのに、あんな形になるのかしら。味もよく浸みて美味しくなります。焼き豆腐の煮物は、ここ数年チャレンジしていますが、祖母のようには上手く作れません。祖母は料理が上手で、何を作っても上手だったことをいつも思い出します。

重箱を出すこともなくなり、皿に盛りつけての正月料理になりますが、お気に入りの食器に盛りつけ、正月を祝いたいと思っています。

(馬嶋)

厚木なのはなより:年末年始休業のお知らせ

今年も一年、あっという間でした。
なのはなに通うお子さんの成長にまた一年、寄り添う事ができ嬉しく思います。
本年もお世話になりました。
また来年もどうぞよろしくお願い致します。

◆◆年末年始休業のお知らせ◆◆
2018年12月27日(木)~ 2019年1月4日(金)まで

ご迷惑をおかけ致しますが、お問い合せ等は1月5日(土)からお願い致します。

厚木なのはな:046-404-0663
なのはな(栄町):046-404-2237
メール:atsugi_nanohana@yahoo.co.jp

(厚木なのはな 宇佐美)

たいせつな人と、たいせつな時間を絵本とともに

馬嶋医院 今月のお薦めの絵本は
「サンタのおまじない」
作・絵:菊池 清
出版社:冨山房
クリスマスイブに、けんちゃんに、荷物が届きました。箱を開けてみると、「あれれ、ぼくの嫌いな野菜ばっかりだ。」でも、サンタさんの手紙通りに「いちにい、サンタ!」とおまじないを唱えると、ピーマン、にんじん…。野菜がつぎつぎに変身する切絵が楽しい絵本です。

(絵本の店トロッコ 幸田)



編集後記

去る8月から稼働した新予約システム、導入直後は操作に慣れることに無我夢中でしたが、現在は、馬嶋医院の診療体制により合うように、少しずつ調整しているところです。前のシステムとの違いのためにご迷惑をお掛けした部分もありましたが、皆さまのご協力とご理解を賜りましたこと、お礼を申し上げます。
さて、早いもので2018年最後のまじまじ通信となりました。一年間毎月お読みくださいまして、ありがとうございました。(杉)

Copyright (C) 2014 馬嶋医院. All Rights Reserved.