まじまじ通信

トップページ > まじまじ通信2020/4月号

2010年9月から、最近の医療情報や病気の事、子育ての事、連携している児童発達支援施設「厚木なのはな」からの情報などを掲載した院内誌を発行しています。

2020年4月号(No.114)

医の歳時記 4月
~新型コロナウイルス感染症 COVID-19 その3 ~

<現状>
3月19日新型コロナウイルス専門家会議が、2月25日の政府の基本政策が一定の効果を上げ ているが、まだまだ爆発的流行の可能性もあるとの見解を示しました。

中国から始まり、韓国、ダイアモンドプリンセス号、イタリア、イラン、そしてヨーロッパ、アメリカと爆発的な流行となっています。その中でも、今のところ日本は、比較的発生数が少ない状況が続いています。しかし、3月26日頃から患者発生数が徐々に増加し、感染が拡大傾向にあります。それまでは、基本的には政府の方針が正しく、それに国民が応えていた成果と考えています。

医療を担う者として、また医師会の仕事をしている者として、新型コロナウイルスが急速に増えずに、発生数が抑えられていた事に対して、皆様のご協力の結果と感謝申し上げます。日本人の冷静に行動する国民性はすばらしいと思います。小中学校の一斉休校やイベントの中止など、多く我慢を強いられる事があると思いますが、世界的な非常事態ですので、今しばらく協力をお願いいたします。

<今後>
感染源(リンク)の追えない患者の発生や、海外帰国者からの患者発生、病院や福祉施設での集団発生(クラスター)などが現在問題です。新型コロナ感染症専門家委員会が述べているように、感染源(リンク)が追えない患者が増え続けた場合、一気に爆発的な感染者急増が起こる可能性はあると思います。3月中旬までの、感染が急激に増えなかった時期があった分、安心してしまったところがあるかもしれません。爆発的な世界流行を起こしているウイルスを軽く見てはいけないように思います。

<PCR検査>
PCR検査が保険適応となりました。しかし、今のところ重症者の治療目的で、罹ったかどうかの確認に対する適応はありません。テレビなどで、韓国のようにドライブスルー方式で行うのがよい、もっと検査をやるべきだなどの意見があります。日本プライマリ・ケア連合学会の診療の手引きによれば、「PCR検査はウイルスゲノムを検出するという原理から、一般論として感度は低く、特異度が高いと考えられます。初期のPCR検査で陰性だが後日陽性となった患者等の検討により、感度は30~70%程度、特異度は99%以上と推定されています」とあります。

感度とは、新型コロナウイルスに感染している人に検査をして、正確に陽性という結果が得られる割合です。感度が70%だとすると、感染者100人に検査して陽性が70人、陰性が30人になります。この30人は偽陰性です。原理的には微量のDNAでも増幅できるはずのPCR法でも、検体にウイルスが含まれていなければ正確な結果が出ません。正しく検体を採取できなかったり、検体を採取した場所にウイルスが排出されていなかったりすると、ウイルスに感染していても偽陰性になります。

今後、患者数が大幅に増えたり、抗体検査が可能となった場合に方針が変わる可能性もあると思いますが、コロナ対策に携わる人と物には限りがあります。限られた資源を有効に使う事が求められています。

<帰国者・接触者相談センター>
新型コロナウイルス感染症が疑われる場合は、帰国者・接触者相談センターに相談する事になっています。
しかし、心配だからとの理由で相談する方も多いようです。発熱が続く、倦怠感が強い、息苦しいなどの症状がある場合に相談下さい。

<感染しないために>
何回も言われている事ですが、集団感染が確認された場に共通するのは、以下の3つの条件が同時に重なった場所と言われています。再度、ご確認をお願いします。


※図:厚生労働省HP「新型コロナウイルス感染症対策専門会議」資料より抜粋

専門家会議から:これまでに明らかになったデータによると、集団感染が確認された場に共通するのは ①換気の悪い密閉空間であった ②多くの人が密集していた ③近距離(互いに手を伸ば したら届く距離)での会話や発声が行われたという3つの条件が同時に重なった場ということが分かっています。例えば、屋形船、スポーツジム、ライブハウス、展示商談会、懇親会等での発生が疑われるクラスターの発生が報告されています。皆さんが「3つの条件が同時に重なった場所」を避けるだけで、多くの人々の重症化を食い止め、命を救えます。

帰国後の友人との食事会で感染した報告がありました。しばらくの間は、お友達とのお茶や食事会も控えたほうがよいかもしれません。

<これからが大切な時期です>
多くの方は外出せず、趣味や健康のための体操教室、ジムなどに行かずに家庭で過ごされている事が多いと思います。運動不足やストレスが溜まるのが気になります。しかし、感染者が増え続けている現状では、これからさらに外出を控え、感染する可能性のある機会を減らす事が必要です。

発想を転換し、家でできる事、ストレッチやラジオ体操などに挑戦してはいかがでしょうか。家で過ごす時間が増えた分、昔買った本を読んだり、音楽を聴く事などもいいですね。外出できない窮屈さはありますが、お家の窓を開けて春めいた暖かい風を感じるなど、少しでも春の雰囲気を楽しんでください。

参考資料:朝日新聞デジタル 新型コロナ検査、どれくらい正確?感度と特異度の意味

(馬嶋)

厚木なのはなより

2020年度 なのはな・なのはな栄町新規ご利用案内

【下荻野】幼児集団 1名
【栄  町】個別 若干名

*すでに、キャンセル待ちをされている方は、今しばらくお待ちください。
*これから利用を検討されている方は、まず、事業所・療育についての説明をさせていただきますので、電話で予約をお取りください。

ご不明な点がありましたら、各事業所にお気軽にお問い合わせください。
なのはな:046-404-0663(福島、吉田)
なのはな栄町:046-404-2237(岡田、尾島)

(厚木なのはな 宇佐美)

Yori道 ~春です~

春、日本で一番美しい季節だと思います。
桜もソメイヨシノ、ヤマザクラ、シダレザクラ、ヤエザクラなど。シャクナゲの花が咲き、ローズマリーも小さな花をつけました。チューリップは存在感があります。クレマチスのつぼみが大きくなってきました。

(馬嶋)



編集後記

3月末より馬嶋院長の体調不良のため急遽休診となり、患者さんにご迷惑をおかけしております。厚木医師会長としての職務にも携わる先生は激務続きで疲労が溜まっておられるのだと思いますが、多くの方にご心配いただきありがとうございます。新型コロナウイルス感染症拡大による外出の自粛など、非日常的な生活はまだ続きそうです。家の中で過ごすことが増えた分、いつもは見過ごしがちな場所を掃除する、普段より時間をかけて新聞を読む…など視点を変えた過ごし方を模索中の今日この頃です。(杉)

Copyright (C) 2014 馬嶋医院. All Rights Reserved.